ダナンの避暑地、バナー

画像

 バナーに行った。バナーはダナンの中心部から西へ40キロ、1487メートルが最高地点の高原。19世紀初頭にフランス人の避暑地として開発されたところだ。最盛期には252戸の別荘が建っていたという。今は数戸のホテルやバンガロー、寂れたバー。ロープーウェーがかかっているが、日曜日というのに、動かない。
 でも、秋のように涼しく、ホテルからのながめは絶景。ダナンの街が眼下に一望できる。ソンチャン半島とハイヴァン峠を含む山々に囲まれたダナン湾。右の方には70キロといわれるビーチが伸びる。もっこり小さな五行山。その向こうはホイアン。ダナン市の象徴ハン川の流れ。目の前から朝日が真っ赤に昇る。夜には、素晴らしい夜景。
 朝食後、散歩した。あじさい、きんぎょそう、たんぽぽ、あさがお、グラジオラス、そして、おおばこにすすき。日本と全く同じ花ばかり。日本語学校にもあじさいはあるが、暑すぎるせいか、咲かない。でもやはり、ベトナム、カトレアが野生で一杯咲いていた。とても小さいけれど。
 高台という高台には、石段が残る。崩れた石組みもあちこちに残っている。なるほど、ここにはフランス風の瀟洒な別荘が立ち並んでいたのだろう。どうやって上ってきたのか?馬だろうか。ベトナム人の担ぐ輿か?酒作り場や牧場もあったらしい。立派な中国風のお寺が場違いな感じがする。真新しい、どでかく真っ白い仏像が緑の中に目立つ。午後は読書。避暑地での優雅な3日だった。

"ダナンの避暑地、バナー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント