テーマ:生活

バンメトートのコーヒー園で収穫体験

1年以上ブログを書いていなかったのですが、今度再開しますので、よろしくお願いします。 11月末、バンメトートのコーヒー農家にお邪魔しました。前に行ったのは夏だったので、緑色でしたが、ぜひ収穫を体験したいと思って、行きました。見事に赤いコーヒーの実に出合えました。みなさんシャ、シャと気持ちよく、地面に敷いたシートの上に落していきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近ダナンで流行るもの

 最近、ダナンに新しい食べ物が登場。小さな小さなヨーグルト。凍っています。2口3口で食べちゃうので、次から次へと食べてこの通り。とても面白い。不便な場所にあるのに、お客さんがいっぱい。ベトナム人は新しいもの好き。
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ダナンの名所、ソンチャー半島

ソンチャー半島はダナン市の北東にのびる半島。小高い所に大きな仏像が遠目にもよく見える。一度行きたいと思いながら、機会がなかったのだが、5月下旬、カフェのみんなで休みを取り、やっと行くことになった。急な坂道をバイクで登る。後ろに乗っていても怖いくらい。やっとついた。大きな伽藍を超えて、行くと観音様。まだ新しく、真っ白なみごとな観音様。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ダナンの花火大会

 4月29日、30日はダナン市の国際花火大会。オーストラリア、中国、フランス、イタリアなどが競う。ベトナムでは大きな花火大会は、ホーチミンにも、ハノイにもなく、ダナンだけだそうだ。ハン川という大きな川で行うので、川面に花火が映って、ことさら幻想的で美しい。しかしいい場所をつるのが大変なのは、いずこも同じだ。隅田川の花火以上の人出…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

春の風で道路が黄色に

 先日風の強い日、自転車でさくらカフェに出勤途中、黄色い花吹雪が舞い、色こそ違え日本のさくらの花吹雪みたい。花はホア・フーンだそうです。ホア・フーンには赤と黄色があって、赤は有名な火炎樹。見た目にはもっと黄色一面に見えるが、写真を撮ると、難しい。  ダナンでもバイクも自動車も増え、自転車で通うのがだんだん怖くなってきた。信号は少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ、かぼちゃスープです

 前にこの店に行った時、隣の席で食べているこれが気になっていた。やっと次に大勢で行く機会があり、早速注文した。大きなかぼちゃをくりぬいて、中には、鶏肉、かぼちゃ、ハスの実、BoBoというらしい雑穀(そばに似ていた)などが入ってスープ仕立てになっていて、おいしかった。ちなみにこの店には何でもあるが、塩で焼いた鶏肉料理、名物とか。これも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者たちが引越しを手伝ってくれました

   前の家が5月末で契約が切れた。5月の初めに、「更新したいが、どうか」と、問い合わせたところ、1,5倍の値上げを要求された。高すぎるので、他を探したが、近場ではどうしても見つからない。仕方なく、1,5倍の値上げに応じることにしたが、今度は「売るから、貸さない」と。いよいよホームレスか?でも、捨てる神あれば、拾う神あり、で、何とか近…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベトナムの全国統一選挙

 5月22日(日)はベトナムで全国統一選挙が行われた。前日は街中赤い横断幕や旗がひらひら。近くの幼稚園が投票場らしく、賑々しく飾られていた。当日家から出てみると、各家々には国旗が掲げられ、出ていないのは私の家ぐらい。外国人だから何も言われないが、ベトナム人だったらどうなのでしょう?  投票場の前には、日本と同じように、候補者のポス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダナン近郊の農村

 人口80万人のダナン市もちょっと離れるとこんな農村が広がっている。夕方にはみんな畑に出て、明日売るための収穫や、水遣り、苗の植え付けなどの農作業をしていた。田植えなども手作業だし、高度経済成長前の日本の農村風景と同じだ。  野菜を収穫して持って帰ろうとしている人がいたので、「おいしそう、買いたい」と言ったところ、「これは豚が食べ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ベトナムはテト(旧正月)直前

 また、ベトナムに来ています。今年はベトナムのテト(旧正月)は2月3日。今日1月30日は旧暦の12月27日にあたり、日曜日でもあり、もう企業も休みに入り、テト前一色。市場やスーパーは押すな押すなの人だかり。駐輪場所を探すのも一苦労するくらい。さすがにダナン一大きいスーパーでは、地下に駐輪場を備えているが、市場等の周りでは、近隣の家が自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナム、ダナン冬の風物詩

 ベトナムの食べ物には季節はないかと思ったら、ちゃんとあるんです。少なくとも、ダナンには。写真は揚げバナナのおかし。サツマイモとバナナとココナツを薄く輪切りにして重ねて、衣をつけて揚げるだけの、単純なおかしですが、これが適度に甘くておいしいんです。寒くなると(暑くなくなると)午後、道端に店が出てきます。  前は外国人でも、ダナンで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京でまだハイビスカスが咲いています

 クリスマスイブに東京へ戻ってきました。(イブでも何も楽しいことはなかったのですが) 今年の夏の異常な暑さの中で、良かったことは唯一つ。ハイビスカスがずっと咲き続けたことです。11月になって寒くなったので、部屋の中へ入れました。日本に戻ってみると、南向きの出窓の中で、また華麗な花を咲かせていました。こんな小さな体で、ほんとうにいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いたずらもの

昨日使えていたインターネットが、翌日突然使えない。業者を呼んで、見てもらったら、何とねずみがコードをかじって、線が切れている。繋いでもらって、やれやれ。ところが、その次の日。また繋がらない。同じところをかじられている。(写真)コードは隣の部屋から高窓を通して繋げてあったのだが、窓下には箱が積み重なって、そこからコードを伝って遊び場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回転鍋の店

 回転寿司ならぬ、回転鍋の店がオープンしていた。ベルトコンベアに乗って鍋の具材が流れてくるしくみ。いか、貝、鶏肉、豚肉、菜っ葉、ゴーヤの肉詰め、きのこ、とうふなど一口サイズが蓋付きの皿に乗って流れてくる。手元には各自の鍋がIHで温められる。スープは日本風、タイ風、中華風、他のもあって、選べる。具材は取り放題。たまには海苔巻き寿司も流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KFC 夜はいっぱい

 昨日の記事の続き。昨日昼は閑古鳥、と書きましたが、夜は外にはバイクがいっぱい。お客も1階にも2階にもたくさん入っていました。お金の余裕がある人が増えたのか、新しい物好きなのか、ほんとうにベトナム人に受け入れられるのか。今後の推移に興味がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダナンさくら日本語センターそばにKFCオープン

 今、ダナンに来ています。KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)が新しくオープンした。着いた26日(金)は、ビルに工事中のシートがかかっていて、SOON OPEN の文字が。翌日、土曜日、シートが取られ、まだ何か外の作業をしていたが、夕方にはもうオープン。花輪が飾られ、人が一杯集まっていた。中には着ぐるみが。次の日曜日はあいにくの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた、家の中が大洪水

 前に借りていた家は、大家が税金を払っていなかったとか、何とか良くわからない事情で、引越さざるを得なかった。さくら日本語センターの事務の方の御尽力で、新しく家を探して、6月に引越した。1階に寝室1、リビング1、台所、シャワールーム。2階に寝室1と居室1(この部屋は広いけれど、ドアはなく、リビングなのかなあ。ベトナムにはこういうつくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カントーの水上マーケット

 カントーの町からカイランの水上マーケットまではボートで約30分、夜明けから始まるそうだが、7時半、8時ごろが観光客も多くなってピークになるのではないかと思う。大きな卸船に売るためにやってくる小さいボート、買うためにやってくる小さいボート。卸商は扱っている商品を示すために、野菜やくだものを先端の竿にぶら下げている。合間を縫って飲み物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テトの料理

 1月26日はテト(旧正月)。テトの料理といえば、バンテト、もち米と青豆(豚肉を入れる家もある)をバナナの葉に包み、蒸す。押し込みながらぎっちり入れるので、もち米はかなりつぶれて餅みたい。これを切る時、ナイフだと餅がくっつくので、糸をくるっと巻いて、切っていた。なるほど、と感心した。写真のように丸いのがバンテト。四角いのがバンチュン…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

忘年の会

 お正月が近くなると、各家々では忘年の会をする。神様にお供えをして今年1年の御礼をする(のだろう)。この日は特別に祭壇を作り特別なお供えをする。たいてい、外で行う。私の家には庭が無いから玄関先で。大家さんがわざわざ来て家でやった。お祈りの後で、紙のお供え物を焼き、外にお菓子や米をまく。それからみんなでお供えの食べ物を食べていわば、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐテト(旧正月)

 ベトナムの正月はテト(旧正月)。今年のテトは1月26日。街にも師走らしい雰囲気が出てきた。店の軒にも正月飾りが下げられ、道路にもいろいろな露天が店を出す。ダナンの劇場の前にあるイベント広場には、所狭しといろいろな物が売られている。上の写真の中国風飾り、カラフルな造花、造花でも正月に特徴的なのは、柳やススキの穂ねこやなぎのようなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨季も大変!

 こちらの夏の暑さは、予想通り厳しく長いものだったが、実は雨季もあまり予想しなかっただけに、暑さに劣らないくらい厳しい。昨年の雨のすさまじさには本当にびっくりした。スコールのように一時的にドーッと降ってやむのかと思いきや、降る、降る、降る・・・ずっとどしゃぶり。昨年は5日間も降り続き、道路は川になった。バイクも水が入ってパーン。もち…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カラフルなハンカチ?スカーフ?

 いえ、いえ。赤ちゃんのおむつ。ベトナムでは日本のようなオムツは蒸れてしまう。で、こんなオムツ。  知り合いのお姉さんが出産したので、お祝いに病院へ行った。一部屋に2,3人から数人。赤ん坊はお母さんと一緒のベッドに寝ている。頭に帽子、手足に袋をかぶせていた。爪が切れないので、引っかかないようにとのこと。ベトナムの病院では、患者にも…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

米の収穫

 ベトナムは世界有数の米の産地。メコンデルタでは年に3回ぐらい収穫できる。実は2年で9回採れるが、そんなに栽培すると土地が痩せるからと、前に聞いたことがある。田植えしている田んぼの横ではもう青々と成長しているのを見て、とても不思議だった。要するに1年中いつでも栽培できるというわけだ。  ダナンなど中部でも2回収穫できる。1回目が5…
トラックバック:14
コメント:2

続きを読むread more

日本の食品?日本語食品?

ベトナムで売られているわさび。「味の非常によいらまい還味無窮」との表示。松井食品。S&G。台湾、台北の会社である。きっと「味のよいうまい・・・」の間違いだろう。最後は中国語のようだから、わからないが、「おいしさ、極まりない」ということか。  ほかにも、カシューナッツのコピーに、「塩があふられる腰菓」というのがあった。あふられる…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

バンメトートのコーヒー園、ゴム園

 ベトナムは実はコーヒーの産地であり、輸出国だ。ベトナム人はコーヒーが大好き。朝から道端のカフェーでコーヒーを飲んでいる男たちは多いし(男たちばかり!!)、緑の多いしゃれたカフェーもたくさんある。独特のコーヒー淹れからポトッポットッと落ちるコーヒーは悠長に待たないといけない。これの淹れ方にはコツがある。といっても、単純。挽いたコーヒ…
トラックバック:8
コメント:3

続きを読むread more

バンメトート ホテルとバス

 バンメトートではツインで15万ドン(約1000円)のホテル。センター近くで、新しいミニホテルとある。でも、朝食が付かないとはいえ、この価格ではねえ。窓があることと、ホットシャワーがあることを確認して予約した。行ってみると、確かに窓どころか、立派なバルコニーまであった。でもやっぱり湯は出ない。おまけに洗面台を使ったら、その水がジャー…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

高原の町 バンメトート

 7月末、バンメトートへ行った。ベトナム中南部高原地帯にあり、ホーチミンからは毎日、ダナンからも週数回、航空便がある。バンメトートには観光地はあまりないが、近くに少数民族が住む素朴な村がある。野生の象を手なずけて運搬、農作業などをさせてきた象の村として有名な、ブォンジュン村、ブォンドン村。写真はブォンジュン村。象に乗ったままラック湖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くだものの女王、ドリアン

 7月になると、街にドリアンが目立ってきた。朝、出勤時、くだもの売りのおばさんたちも、準備を整えている。前後20キロぐらいずつはありそうだなあ。重そうだなあ。私はなるべく、天秤棒のおばさんからくだものを買うことにしている。  今回ベトナムに来るまで、何度も東南アジアへは行ったことがあったが、いつも冬だったので、ドリアンを食べたこと…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

フエの街

 Fさんの結婚式のために、フエへ行った。路線バス、電車にも乗ったことがあるが、今回はツアーバスを利用。ホイアンから、ダナン、ランコービーチ、フエへと行く。エアコンの効いた快適なバス。ダナンからフエまでで、路線バスも電車も、約3万ドン(210円)。3時間ほど乗るから、安い。電車からは、すばらしい海が眺められるが、一番時間がかかる。ツア…
トラックバック:12
コメント:1

続きを読むread more