テーマ:生活

ベトナムの結婚式②

 新婦の家での儀式を終えると、車で新郎の家へ向かう。新郎の家でも、門、入り口、部屋に同じような飾りが賑々しい。ここでも祭壇で、礼拝して先祖に御報告する。参列者にちょっとした飲み物お菓子が出された。  儀式はすべて終了し、いよいよ披露宴。以前は自宅でやったのだが、最近はホテルやレストランで行うことも多くなった。新郎新婦は前もって、結…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの結婚式①

 同じ家で、一緒に1年半暮らしてきたベトナム人のFさんが結婚した。彼女はフエの人なので、ベトナムの伝統的なフエ式結婚式を参列させてもらった。  朝、何と5時から結婚式だという。いい日といい時間を、物知りの人(占い師)に尋ねて決めたので、この時間。新郎はダナンの人なので、朝2時に出発だという。新婦の家では、門も部屋も赤色を主体に飾っ…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

くだもの天国 写真編

 いつもネットつながりが悪きが悪く、写真がなかなかアップできない。今日はなぜかいいので、調子に乗って、写真を3枚。上、パイナップル屋がまぶしい。(4月上旬)  タンロン、英語名(ドラゴンフルーツ)きれいなだけで、味はない。よく言えば淡白。飲んだあとにはいいとか。  マンカウという渋くてすっぱいもの。これでもくだものか、という…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

くだもの天国

 ベトナムはくだもの天国。写真は隣の家のマンゴーの木。うちのベランダから手を伸ばせば届きそう。先日、近所の悪ガキが棒で取っていった。(どこでもガキは同じ)。ともあれ、くだもの天国。マンゴー、パパイヤ、ドリアン、マンゴスチン、ランブータン、ライチ、ジャックフルーツ・・・・しかも安い。「いくらですか。」「1万2千ドン(80円くらい)」1…
トラックバック:35
コメント:0

続きを読むread more

我が家の住人

 我が家の住人は、日本人2人、ベトナム人1人、ヤモリ数匹、ゴキブリ多数。ネズミくんはいそうにもないので、助かる。一度だけパン粉の袋の端をかじられていたので、ヤバイと思ったのだが、中味までは食べられなかったので、その後も来ている気配はない。やれやれ。市場にはもちろん、道路にも日本語学校にも、丸々太ったのがすばやく走る。私がトイレへ行こ…
トラックバック:15
コメント:31

続きを読むread more

竹の子の季節

風景画でおなじみのように、ベトナムには竹がたくさんあり、たけのこもよく食べる。すっぱいスープの具や炒め物にする。茹でたたけのこは市場でもよく売っているが、生のたけのこは売っているのを見たことがなかった。6月1日、初めて市場で見つけて、飛びついた。大事そうに3本だけ。5000ドン(30円)。一緒にいた日本語の話せるベトナム人も米ぬか…
トラックバック:18
コメント:35

続きを読むread more

希望の村の子どもたちの昔懐かしい生活

 女の子二人が、かごに何か入れて持っているのを見た。覗いてみると、青くてもじゃもじゃひげの出た小さい実。塩をつけて食べるのだと。渋くてすっぱい。何だこれ。実がなっている木に案内してくれた。ああ、桑の実だ。こんな青いうちにでも食べるんだ。ベトナム人は、特に若い女の子はすっぱい果物が大好き。青いパパイヤ、青いマンゴー、オーイというごつご…
トラックバック:16
コメント:1

続きを読むread more

ベトナムの朝

 ベトナムの朝は早い。日本では夜型だった私も朝早くなった。うるさいのと、明るいのと、暑いのとで寝ていられないから。4時45分に起きて、バドミントンに行く。(時々は起きられずに沈没)4時半にはまだ暗いのに、5時には日が出る。ベトナムでは太陽が動くのが早い気がする。町にはもう人がいっぱい。道端にしゃがんで新聞を仕分けている人のグループ。…
トラックバック:22
コメント:4

続きを読むread more

釈迦の降誕祭

 釈迦の降誕祭について調べてみた。ベトナム、シンガポール、マレーシア、ラオスなど仏教の盛んところで行われている。呼び方はいいろいろあるようで(たぶん読み方の違い)ヴェサック・デーとか。ラオスでは、ブン・ヴィサーカ・ブーサー。いずれも西暦で5月ごろの満月の日である。多くは「生誕祭」と訳されているようだが、あじあブックス「アジアの暦」(岡田…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

お釈迦様の降誕祭

 旧暦の4月14日(新暦では5月18日)を中心に、ベトナムではお釈迦様の降誕祭です。つまりお釈迦様が生まれた日。日本では旧暦4月8日がその日で、いわゆる、花祭りです。最近は1ヶ月おくれの5月8日ごろに行うことが多くなったようです。ベトナムでは、新暦にして季節はずれにしたり、1ヶ月遅れにしたりとか、いい加減なことはしません。旧暦がしっ…
トラックバック:13
コメント:1

続きを読むread more

町の物売り 写真編

  おこわととうもろこし、これにココナッツ、ピーナッツなどをかけてくれる。   ゼリー屋も来る。ミロを入れたチョコレート色のと、いちごのピンク色のと。  そうそう、夏でも 「I Wish Your Merry Christmas」 のメロディーと共にやってくるのは、ポップコーン屋  
トラックバック:7
コメント:1

続きを読むread more

昔なつかしい町の物売り

 毎朝7時に、「ソバコーン」「ソバコーン」という掛け声。「バンミー・サイゴン・・(モニャ、モニャ・・)」。ベトナムでは、昔懐かしい物売りの声が、聞こえる。自転車に乗せたり、手押し車に乗せたり、天秤棒で担いだり。いろいろな物売りが路地を通っていく。「ソバコーン」というのは、「ソイ(おこわ)とバッ(とうもろこし)はコーン(いらんかねー)」と…
トラックバック:9
コメント:1

続きを読むread more