テーマ:こども

駐在のバトンタッチ

明けましておめでとうございます。 ほんとに久しぶりのブログです。 一昨年4月に竹内みどりが、希望の村支援のふぇみん駐在員としてダナンにf赴任。 10か月駐在の後、昨年2月27日に日本に帰国しました。 ふぇみんの駐在員としては、後任に渡辺美里さんが昨年3月に着任、すでに10か月にわたる活動を現地で行っています。 …
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

里親通信8(実際の自立支援)

里親通信8 今年「希望の村」を卒業した子どもの進路についてメーリングリストを通し、概略をお伝えしましたが、今回はもう少し 詳しい状況を含めて報告します。特に聾唖の子の自立へ向けた職業訓練や高校卒業不合格の子の再挑戦などぜひお伝えしたいところです。  今年の希望の村卒業生の支援は、ふぇみん16人、アメリカ5人の計2…
トラックバック:35
コメント:0

続きを読むread more

里親通信5(自立支援特集)

ダナン発 里親通信7(自立支援特集号)(11/21記) 里親のみなさま 日本では今、教育基本法を始め、いろんな問題が山積し、遠くからニュースを見聞きして色々気をもんでいます。 こちらの台風被害に関しては里親の皆さんから、色々ご心配をいただき、ほんとうにありがとうございました。日々復活してく…
トラックバック:115
コメント:1

続きを読むread more

フエに一人旅

12月30日、ベトナムに来て初めて列車というものに乗った。ダナン駅はすぐそば、あらかじめ買ったチケットを手に、列車に飛び乗る。(3万ドン、210円) 乗って初めて指定席ということがわかり、席に座る。子ども連れの夫婦と一緒の席。しかし、木製のいすのかたいこと。これで、4時間を揺れていく。 列車は、バスよりも遅いゆっくり旅だ。それを…
トラックバック:43
コメント:59

続きを読むread more

出産ラッシュ!希望の村も!?

日本は少子化で、近所ではネコの子さえもあまり見かけない気がしますが、ベトナムはすごい出産ラッシュです。周り中の若い人はおなかが大きいか、小さな子を抱えている感じ。横町は大勢の子どもたちの声が年中こだましています。 ベトナムといえば、犬はペットというより、番犬か食用という感じでしたが、最近ペット用の犬、ネコが多くなってきています。犬…
トラックバック:500
コメント:500

続きを読むread more

隣人たち、その1

隣人たち まあ、日本でいえば長屋横町のにぎわいだ。両隣の家がわが家を挟みこむように建ち、朝早くから大にぎわいなのだ。時には、6時前から。いえいえ5時前だったときだってありますよ。 今は、右隣の家は次男の家を建築中で、そのやり方をめぐってか、けんかでも起こった勢いで盛大なトークを繰り広げている。 朝に夕に、家を出入りする…
トラックバック:72
コメント:1

続きを読むread more

またまた台風

10月1日ベトナム中部をおそった台風についてはお知らせしましたが、またまた大型台風がこの地に来るということで、人々は、今日一日台風に備えて、準備に追われています。 朝、出勤の途中、あちこちで米袋のようなものを売っているので、何だろうと思っていたら、その袋に砂をつめて、みんな屋根の上にのっけています。なるほど、前回の台風では、トタン…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

希望の村復旧のためのお願い

<里親通信6>  希望の村の台風被害については、過日よりお知らせしてきましたが、今週はじめに、希望の村ホン所長より、文書による再建援助の訴えがありました。 被害の大きさを再度訴え、救援を要請しています。 ダナン、それも希望の村がもっとも近く海辺に位置しているため、被害が大きくなったということも述べられていました。でも…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

台風の猛威 希望の村も大きな被害

 <家々の屋根は吹き飛びました> 10月1日にベトナム中部をおそった台風は、この地に長年住む人が記憶にないというほどに大きなもので、去った後のつめあとの大きさはおどろくものがありました。 その日たまたま、聾唖学校の見学のためホーチミンに行っていたのですが、ニュースで繰り返し報道されていて、6月の台風でダナン漁民に大きな被害を…
トラックバック:52
コメント:7

続きを読むread more

希望の村日本語教室始めました

<ダナン発 里親通信4から> 希ダナンも雨期っぽくなってきて、時々大雨が降ります。豪雨であることが多い上、止むのを忘れてしまったかのような勢いです。その中を、「3000ドンかっぱ」(21円の安いかっぱがどこでも売られていて、こう呼ぶのだそうです)を着て自転車で出勤です。傘をさしてバイク、自転車に乗るのは、禁止されているのです。 …
トラックバック:500
コメント:500

続きを読むread more

里親通信3です

<ダナン発 里親通信3>(7/18) 希望の村の里親の皆様、三回目の里親通信を送ります。  日本はすでに相当暑い夏を迎えているということを、最近日本からきた人に聞きましたが、皆様お元気でおすごしでしょうか?  ベトナムの夏も長く、ほんとに暑い。こちらにきてから、3か月ほとんど毎日、35度を超えます。日差しが強く、女性…
トラックバック:222
コメント:74

続きを読むread more

引き続き、里親通信2です

希望の村 ダナン発里親通信2(6/14) 1.<6月は希望の村の一年のおわり>  6月5日は、希望の村の1年がおわる終了式でした。ダナンのふぇみん宛に、招待状が届き、里親の皆さんを代表して、出席しました。橋本良子さんは、淡い若草色がよく映えるアオザイ姿。キュートでベトナム娘と見まがうほどよく似合い、1年滞…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

これまでの里親通信を紹介します

ブログを立ち上げたぞーの、自慢のわりに更新回数がえらく少なくて、恐縮ですが、ここのところ更新、少しましになってきました。 前のブログを見ると、私が希望の村へ始めていった頃の様子などがこのブログにありませんのでちょっと古くて恐縮ですが、これまで出した里親通信の一部をここで紹介させていただきます。 <ダナン発 里親通信1>(…
トラックバック:500
コメント:500

続きを読むread more

自立支援、はじまりました

私が、ベトナムに来た大きな目的の一つは、希望の村の子どもたちが将来自立していくための(職業)教育を具体的に行うためです。 そのことは、1年かけてじっくり検討するつもりだったのですが、最近、急を要してとても忙しくなっています。 それは、私たちとともに希望の村を支援してきたEMWF(East Meets West)というアメリカの組…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

ダナンテレビに出たのですが、、、

先日、ダナンテレビ局から私の事務所のあるダナンさくら日本語センターに取材依頼ががあり、なんと私もそのテレビに出てしまったのです。 というのも、私は、ふぇみんの仕事の他、このさくら日本語センターで、子どもクラスと会話クラスを担当していて、この日、さくらの他の活動とともに子どもクラスの映像も取るというのです。 子どもクラスは、今…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

どうなる子どもたちの進路

「日本語を学びたい」 それぞれの自立の旅立ち  今、希望の村(ダナンにある子どもたちの養護施設)は夏休みの終盤、田舎に行っていた子どもたちも戻ってきて又にぎやかな日常がはじまり、9月からの新年度にそなえている。日本の里親からの手紙をたずさえて、先日希望の村を訪れ各部屋を回って1人1人に手渡したり、話し込んだり。 今日は…
トラックバック:10
コメント:2

続きを読むread more

家を追われ2週間、続編

又、1か月ぶりのブログ、こんな継続性のないブログ、だーれもみてくれない!家族だけが同情でみてくれそうですが、それでも、ほそぼそ書くことにします。 台所に水もなければ、火もない、古びた魔窟のようなひどい家だと文句をいっていたけれど、掃除徹底作戦のおかげで、家が、「愛しのわが家」に化した、という話を書いたのでしたが、そのわが家に受難で…
トラックバック:1
コメント:348

続きを読むread more

家を追われ、2週間

前回は、やっと見つけた借家の台所に水も火もない、ということを書きました。 引っ越しは、5月2日。スーツケース一つをホテルから運び込む。その日のうち、何は なくてもともかく、寝床を作らなければならない。街に、布団を買いに行く。、、、ところが、ふとんなんて、なーい。あるのは、ゴザかマットレスである。ゴザは涼しげだか、布団生活に慣れた…
トラックバック:488
コメント:10

続きを読むread more

台所に水なし、火なし

ダナンに着き、1週間はホテル暮らし。その間に、1年前からここに住んでいる相棒の良子さんが見つけてくれた家を見に行った。勤め先のさくら日本語学校から自転車で15分。オン・イッキ・ム通りに面した比較的閑静なところ。何しろ、街は朝の5時くらいからうなり始め、昼間はバイクの騒音地獄と化す。少し静かというだけで、郊外に来たような最良の環境に思える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダナン着! 40日もたってしまった!

 ブログ初めての公開は4月21日、「今、ベトナムの子どもたちに会いに行きます!」と言ったっきり。ウンでもなけれも、スンでもなし。立ち上げたときにはあちこちの友達に「ブログ立ち上げたぞー!」といばっていたのに、・・・・・・・・・・・・。毎日毎日ここでの生活になれることに必死。日々なんだかあわただしく、、ブログへの道は遠のくばかり。あれから…
トラックバック:49
コメント:2

続きを読むread more

いま、ベトナムの子どもたちに会いに行きます

はじめまして!これから、ベトナム中部・ダナン市にある子どもたちの養護施設「希望の村」から日本の女二人が情報を発信します。 竹内みどり(58歳)・橋本良子(25歳)は親子ほども年が離れていますが、4月25日からベトナム中部のダナンで家を借りて、同居を始めることにしました。そのいきさつは、おいおい語るとして「年の差33カップル」の珍道…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more