ベトナムはテト(旧正月)直前

 また、ベトナムに来ています。今年はベトナムのテト(旧正月)は2月3日。今日1月30日は旧暦の12月27日にあたり、日曜日でもあり、もう企業も休みに入り、テト前一色。市場やスーパーは押すな押すなの人だかり。駐輪場所を探すのも一苦労するくらい。さすがにダナン一大きいスーパーでは、地下に駐輪場を備えているが、市場等の周りでは、近隣の家が自分の家や道路を駐輪場にしてお、料金を徴収する代わりに、ちゃんと管理している。(これはさくら日本語センターでも同じ) しょうがやくだものの砂糖漬けなどテト用のお菓子が山積みにされている。
 街では、テトのための赤と金を主体にした中国風の飾りや、家の前に飾る菊の花やきんかん、黄色い花がたくさん売られている。でも今年は寒くて、花が開かず、花つくりの農家は大変だそうだ。日本も猛烈な寒さだが、ダナンもとても寒く、フリースのジャケットが大活躍。昼はまだしも明け方は本当に寒い。ふとんも薄く、寒さ対策が何もないため、セーターからフリースから着込んで寝て、それでも寒い。
 面白いのは、年の暮れには親戚中が集まって、忘年会をする。まず祖先を祭った祭壇にお祈りをささげ、20人30人が宴会。それぞれの家で忘年会をするため、今日はあちら、あしたはこちら、と忘年会が続くのだそうだ。種類も多く、ものすごい料理の量である。
 テトの3日間は、店も何もかもお休みだそうだ。ス-パーも29日の午前中で閉まるそうだ。日本でも3が日はお休みが当たり前だったのに、元旦まで営業するようになったのはいつからだっただろう。働く人のことは二の次になってしまった。正月くらいみんながのんびりと休みたいものだ。

"ベトナムはテト(旧正月)直前" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント