ベトナムを聴くーお話とコンサート(その3)

画像

 コンサート2部は「チンコンソンの世界」。チンコンソンはベトナムでは知らない人がいないほど有名な音楽家で、詞もすべて、自分で書いている。彼の曲はベトナム戦争中、南、北を問わず、ベトナム国民に愛された。戦火に荒廃する祖国ベトナムを見つめ、親子、夫婦、恋人同士などの人々の心の悲しみ、喜び、慈しみを歌い続けてからだ。
 曲は、「お眠り坊や」。これは、1970年代に高石友也が「坊や大きくならないで」と歌った曲。「Diem Xua」は1978年、NHKの連続ドラマ「サイゴンから来た妻と娘」の主題歌として日本に紹介された曲で、当時は「雨に消えたあなた」といった。今、天童好美が「美しい昔」という題名で歌っている。ギターを演奏するのは、テ・ヴィンさん。幼い時、両親をなくし、自らも8歳の時、事故にあい、貧困のため病院で治療できず、片腕を失った。ハーモニカでメロディーをギターで伴奏をする、「Diem Xua」は聴く人の心にしみこんできた。
 チンコンソンは2001年になくなったが、彼の音楽は今もベトナム人に愛され、今も喫茶店でよく聴かれている。

"ベトナムを聴くーお話とコンサート(その3)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント