DMZツアー

画像

 一度行ってみたかったDMZツアー(17度線、非武装地帯ツアー)に参加した。この非武装地帯の南に位置するかのベトナム戦争の激戦地を回るツアーである。フエから毎日ツアーが出ている。朝6時出発夕方6時ごろ着。英語ガイドが付いて15ドル(朝食、入場料込み)。前日にホテルで予約できる。
 激戦地の町ドンハ、アメリカ軍のロケット基地があったロックパイル、ダクロン橋(写真)。やって来る私たちを目ざとく見つけて駆けてくる子どもたちが痛々しい。橋のたもとにホーチミントレイルの標識が立つ。そう、ここからホーチミンルートに続くのだ。今はホーチミン道路として整備されており、後には高速道路にする計画らしい。ここからだんだん高度が上がっていき、アメリカ海兵隊のケサン基地跡に着く。ここで激しい攻防戦が繰り広げられた。米軍のヘリコプター、壊れた戦車、壕等が残され、資料館、碑が建てられ、戦跡として整備されていて、生々しさはもうない。このあたりは山岳地帯というより、高原地帯なのが予想外だった。ラオス国境までは20キロと聞いた。
 ドンハーまで戻り、1号線を北上する。17度線に当たるベンハイ川に掛かるヒエンロン橋を渡る。川のそばに家族を表した大きなモニュメントがある。右の折れて海の近くにあるのが、ヴィンモックトンネル。クチトンネルほどは観光化されていない。
 今日のツアーの参加者は30人くらい。日本人は私一人、韓国人家族が1組。ベトナム人が一人。あとはみんな欧米系。アメリカ人が多い感じだった。アメリカ人はどういう思いで参加するだろう。聞いてみることはできなかった。
私たち日本人が、韓国や中国などの戦争資料館を訪れる気持ちと同じなのだろう・・・

"DMZツアー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント