忘年の会

画像

 お正月が近くなると、各家々では忘年の会をする。神様にお供えをして今年1年の御礼をする(のだろう)。この日は特別に祭壇を作り特別なお供えをする。たいてい、外で行う。私の家には庭が無いから玄関先で。大家さんがわざわざ来て家でやった。お祈りの後で、紙のお供え物を焼き、外にお菓子や米をまく。それからみんなでお供えの食べ物を食べていわば、日本でいう忘年会。うちの大家さんは、茹で豚、ふかし芋、おこわ、青豆をつぶして固めたもの、くだものなど。本には「そう神節」として12月23日カマドの神様を祀ると書いてある。
 ベトナムではこういった信仰がまだたくさん残っている。毎月満月と新月のお供え。この時には精進料理を食べる人も結構いる。私と一緒に住んでいたフンさんも昨年結婚して、夫の家族と一緒に住んでいる。夫の家では、月に4日(旧暦14,15日、30、1日)精進料理を食べるので、彼女も従っていると、ため息をついていた。春には土地の神様へのお供え。中秋。など。
 

"忘年の会" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント