日本の食品?日本語食品?

画像

ベトナムで売られているわさび。「味の非常によいらまい還味無窮」との表示。松井食品。S&G。台湾、台北の会社である。きっと「味のよいうまい・・・」の間違いだろう。最後は中国語のようだから、わからないが、「おいしさ、極まりない」ということか。
 ほかにも、カシューナッツのコピーに、「塩があふられる腰菓」というのがあった。あふられる??
画像

 このお菓子は、れっきとしたベトナム産。日本で売るためではなく、たぶんベトナムなどで売るために作っていると思われる。日本語は、何となくステイタス、高級そうなイメージなのである。飴にも「いちご」だけ、ひらがなで書いてあったり。「GUSSEN ガッセンミルク、さくっとおいしい」。これは、タイ産のウェハース。日本人がやたらカタカナ語を並べたがるのと同じでしょう。
 
画像

 もちろん、これは日清食品。数種類出ている。製造は香港の工場。7500ドン。普通のベトナム産のインスタント麺は2000~3000ドンくらいだから、高い。この赤いのは、日本のとほぼ同じ味だった。
 日本のメーカーで、一番有名なのは、何たって「味の素」。歩いていたら、私に向かって「アジノモト」と、声をかけられた。

"日本の食品?日本語食品?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント