火炎樹

画像

 ベトナムの代表的な樹木、火炎樹。ベトナム名は、ホア・フオン(香りの花、でも特に香りはない)。真夏に真っ赤な花を咲かせる。別名、学生の花。学生が長い夏休みを楽しむ時に咲くから、だそうだ。前のブログで「7月に咲く」と書いたのは間違いで(失礼しました)、5月の終わりから咲き始めた。公園に、学校に、広い所にはどこでも植えられている。街路樹としても多く使われ、真夏の青い空に映える。ベトナムの都市では、レ・ロイ通り、チャン・フー通り(どこの都市も同じ名前が使われている)といったメインの道路ほどびっしり街路樹が茂り、涼しい木陰を作る。どんなに暑くても木陰は涼しい。
 ベトナム人のファッションも赤、青、白、黒と原色が好きだ。強い光に似合うのだろう。
 だんだんこの夏の花も、少なくなってきた。夏の盛りももう過ぎた。

"火炎樹" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント