ダナン便り 進路の悩み

高校の修了式のあと、6月に『希望の村』を巣立った子どもたちと進路について面接をしました。
6人のうち、卒業試験を受けなかった子どもが一人いて、その子は中卒となり、今回は欠席でした。
『希望の村』で生活している子は1人だけで、あとの5人は在宅支援(家庭の経済状況が悪いので在宅で支援を受けている)子どもたちです。

日本に里親がいる二人は

ホアさん(日本に留学中のガーさんの妹)
高校卒業試験に不合格だった。卒業資格を取るには来年自分で試験を受けなければならない。さくらフレンズカフェで働きたい。将来は日本語を学んで日本で働きたい。とのことだったので、高校卒業の勉強をしながら働くという条件でさくらフレンズカフェでアルバイトを始めました。(さくらフレンズカフェのスタッフは働きながら日本語を学んで、次々と日本へ行くので慢性的に人手不足です。)

ハオさんは、ダナン経済大学を志望。旅行ガイドになりたい。日本語も大学で学びたいとのことでした。



この日面接した5人のうち4人が日本に行きたいと希望しています。朝日奨学生の暮らしはかなり厳しいとタオさんが説明し、日本からの駐在員Tさんは、日本は夢の国ではない、悪い人もたくさんいる、しかし機会は平等である旨を話しました。
(ベトナムは就職が地縁・血縁で決まりやすく、貧しい子にはチャンスが少ないうえに、大学を卒業しても求職がままならない事情があります。)

8月は大学の結果発表、彼等にとっては長い迷いの夏でした。

スクリーンショット 2019-09-20 6.25.51.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント