ダナン便り ある日の自立支援

ダナンのふぇみん事務所では、『希望の村』を巣立った子どもの自立支援もしていて
ひと月に一度、日常の様子や困っていることを聞いたり自立支援金を渡しています。

先日も自立支援を受けている卒業生が二人やって来ました。
一人は専門学校で選択科目を取り損なって再履修が必要で
一人は朝日奨学生で日本に行きたいけど日本語はまだ始めていないとか。

また、ろうの子どもたちも成績を報告しに付き添いの方と一緒にやって来ました。
『希望の村』ではろうの子どもには小学校しかないので、卒業後はホーチミンの近くのドンナイ省にある上級学校へ進学します。
現在支援中の3人のうちのふたりを紹介します。

ユーンさん
高二への進級が決まり、勉強は楽しいけど難しい。夏休みなので祖母の家にいるが、8月には学校へ戻る。
料理が好きで家のことは何でも出来る。将来はカフェで働き外国にも行ってみたい。でも専門学校に行って希望の村でろうの子どもたちに教えたい夢もある。と話してくれました。
付き添いのおじさんからも、よく家事をやり友達が多くて喜んでいるとの報告を受けました。
スクリーンショット 2019-09-20 5.52.48.png

ナーさん 
中学4年を終了し次は高一の現在26才。
幼い頃は両親がろう学校を知らず、9才で『希望の村』のろう学校へ入学。
健聴の子の夏休みは3ヶ月あるのにろうの子には1ヶ月しかない。勉強が難しい。健聴の子のように補習塾もないので勉強が追いつかない。
お母さんは、絵が上手なのでとしては絵の先生になって欲しいが、免許がないと無理だから将来が不安だそう。
お母さんが話している時、本人は下を向いて暗い表情。お母さんが何でも先回りして応えてしまうので、タオさんに直接手話で聞いてもらうと、手話で応えてくれました。手話をたくさん勉強して友達と交流し、読書もしていろいろなことを学んで下さいと本人に伝えました。
スクリーンショット 2019-09-20 5.53.07.png

みんな元気にがんばってほしいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント