初めての留学生、ランさんが大学に合格!

 「ふぇみん」が2007年3月末に初めて受け入れた留学生、ランさんが希望の大学に合格した。「ふぇみんが受け入れた」といっても、金銭的支援は最初の10万円だけ。ホーチミンとダナンにある「さくら日本語学校」がつくっている「貧しい子どものための奨学金」を借りて、来日し、あとはアルバイトで生活費と日本語学校の授業料を賄ってきた。午前中、日本語学校へ行って勉強し、午後、あるいは夜12時までも、働いてきた。さらに、里親の親睦会や里親の関係する地域で、あるいは、留学生の主催するチャリティコンサートなど、ベトナムの民族楽器、トルンを演奏して、日本の皆様にトルンを紹介し、また日越の交流に多大な貢献をしてきた。またベトナム大使館や平和集会での演奏などでも活躍した。その間、日本語能力試験や、留学生試験の勉強もしてきたのだから、ほんとに大きな拍手を送りたい。
 ランさんは幼くして両親をなくし、「希望の村」で10年近く生活した。友達の家族には枯葉剤による被害で歩けない子どもたちもいる。ベトナムの福祉はまだまだ立ち遅れている現状に、大学で社会福祉を学び、それをベトナムで生かしたいと考えている。
 里親さんの勤める会社(その会社では、社員の社会貢献を支援してくれるそうだ)から奨学金がもらえて、入学金と授業料の一部を賄うことができ、ラッキーだ。しかし、大学に入学しても勉強とアルバイトと、また厳しい現実がまっているが、ランさんは希望とやる気にあふれている。ランさんは私たち日本の里親たちにも喜びを与えてくれている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック