卒業生、ビンさんはなくてはならない人材

画像

 ビンさんは「希望の村」開設当初からのこどもだ。小さい時から「希望の村」で日本語を勉強し、2005年7月には当時の所長さんらと共に、来日。里親さんの家などを訪問し、広く日本の里親と交流をした。小柄ながら、きびきびしたかわいい姿を覚えている方も多いでしょう。2006年、高校卒業を卒業し、「希望の村」を出て、大学受験の準備をしながらさくら日本語センターで、本格的に日本語の勉強も開始した。1年後英語貿易を専門として、3年制の専門学校に入学し、今年卒業する。その間に、日本語の勉強を続け、さくら日本語センターを修了した。
 彼女はすべての「希望の村」の卒業生、子どもを知り尽くし、すべての卒業生、子どもから親しまれている。卒業生に集まってもらいたい時には、彼女に一言いえば、たちどころに集めてくれる。まだ体調が全快ではないタオさんの手伝いにも彼女はなくてはならない人材だ。ここ1年半以上、通訳に、子どもの手紙の翻訳に、その他駐在員のこまごました用事にも、快く手伝ってくれている。ことしのふぇみんツアーも、彼女なしには成功しなかった。
 そして、今や、りっぱな「希望の村」の日本語の先生として活躍している。昨年駐在員が不在の時も、さくら日本語センターから派遣された先生の助手として、そして、誰も日本人がいない時には先生として、授業を受け持ってくれている。彼女の日本語はとても上手になった。将来の希望を聞くと、「ふぇみんの仕事をしたいです」と、嬉しいことを言ってくれる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック