ブログの復活  新しい日本語教室

画像

 長い間、このブログをお休みしてすみません。ようやく復活しましたので、またよろしくお願いします。少しやり方を変え、ベトナム、日本、両方のスタッフから随時アップしていきます。
 実は今は、ダナン常駐の日本人がいません。時々短期で滞在し、常には現地のベトナム人スタッフのタオさんがしっかりやってくれています。とりあえず、現地から里親へ「希望の村」の様子を伝える「ダナンだより」から、ブログ休止中の1年間の動きをお知らせします。

ダナンだより   2009.5.25

1 日本語クラスの部屋が新しくなりました

 木工室の隣に、ダナン市のズイタン大学の学生たちが寄付してくれた日本語教室が完成しました。椅子も机も黒板もとてもきれいで、扇風機も2台あるステキな教室です。この落ち着いた教室で、日本語クラスの子どもたちは引き続き元気に勉強しています。
 いまのところ上のクラスが8人、去年9月スタートのクラスは15人。日曜日は家に帰る子もいて、なかなか全員はそろいませんが、新米の慣れない“先生”(私)を、子どもたちや、タオさん、ビンちゃんが助けてくれている感じです。
6月14日(日)には、さくら日本語センター主催の「文化祭」に、日本語クラスの子どもを中心に希望の村の子どもたちも参加する予定で、これから出し物の劇や歌の練習をするところ。たくさんの観客の前で恥ずかしがらずに演じたり、歌ったりできたらいいなぁと思っています。

画像


2 SC8の女の子たちの部屋を訪問しました。

 10人のメンバーですが、この日は2人が家に帰っていて、8人でした。
 去年の秋から入った新メンバー3人のうち2人は、「まだ日本のおかあさんがいない」とちょっと寂しそうでした。里親が見つかるといいですね。
 昼食もSC8のテーブルに入れてもらい、部屋ではお菓子を食べながら、みんなの好きな色や科目、好きなことなどを聞いたり、おはじきや、ボーリングをして遊びました。
 部屋の壁には、人気歌手や俳優のポスターがいっぱい。ヨンさま(ペ・ヨンジュン)の写真もありました。そして、いたるところにThuyちゃんの絵もたくさん飾ってあって、Thuyちゃんの絵はみんなの自慢でもあるようでした。
(写真一番上)

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック