ふぇみんの里親が「希望の村」を訪問

画像

 新年早々、1月4日「希望の村」にふぇみんの里親たち21人が訪問してくれた。
 2日の夜、ダナン到着が予定より2時間半遅れたが、子供たちは空港で辛抱強く待ち続けた。その対面は見ていても感激的。3日は卒業生が働いている保育所やおみやげ店、卒業生が勉強している専門学校、木工所などを訪問した。私たちの自立支援も少しずつ、進んでいる。
 4日は「希望の村」訪問。私が教えている日本語クラスも、総勢30人、全員出演で劇を披露した。20人はまだ勉強を始めてして3ヶ月で、実はたった3回の練習。しかも全員がそろったことなど無かったのだけれど、当日は全員そろってみんなせりふも覚えていた!!午後の文化交流では、手話の先生に手話通訳をしてもらった。これは、初めての試み。ゲームやダンスは大騒ぎ。そして夜は通訳をしてくれた「さくら日本語センター」の学生や教職員との交流会。盛りだくさんな1日だった。
 5日は駐在員生活体験ツアーと称して、私の家、さくら日本語センターの中にある事務所を訪問。そして市場など。昼食は、聴覚障害のある子どもたちをたくさん雇っている「ブレッド・オブ・ライフ」にて。「希望の村」の卒業生もたくさん働いている。ここのことは改めて紹介したい。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック