台所に水なし、火なし

ダナンに着き、1週間はホテル暮らし。その間に、1年前からここに住んでいる相棒の良子さんが見つけてくれた家を見に行った。勤め先のさくら日本語学校から自転車で15分。オン・イッキ・ム通りに面した比較的閑静なところ。何しろ、街は朝の5時くらいからうなり始め、昼間はバイクの騒音地獄と化す。少し静かというだけで、郊外に来たような最良の環境に思える。海も近く、2LDKの一軒家で1か月100ドル。日当たりもよく、よし、これに決めよう!

大家さんと話をはじめたすぐ直後に気がついたのは、台所にシンクがない!つまり、水がな~い。
 台所の隣にトイレと水場がある。古びて、黒ずんだタイル。このタイルの床に座って、野菜や食器も洗うのだという。以前ベトナムツアーで伝統的なベトナム生活様式として「見学」していたものをまさか自分がこれから日々することになるとは!「体験コーナー」ならまだしも、これがこの先ずっと続くのかと思うと、頭がクラクラしたが、1年滞在するのでお金を無駄には使えない。それに、異文化体験も、まっ、いいかっ、ということで、さっそくここを借りることを決断した。ちなみに、大家さんが家を空にしてくれたときに、コンロとガスタンクも持っていってしまったから、5月2日、私たちがこの家に入居したときは台所に、水も火もないのだった。水と火は人間の生活の基本と言うことがしみじみ身にしみた。

画像


画像
 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック