いま、ベトナムの子どもたちに会いに行きます

はじめまして!これから、ベトナム中部・ダナン市にある子どもたちの養護施設「希望の村」から日本の女二人が情報を発信します。

竹内みどり(58歳)・橋本良子(25歳)は親子ほども年が離れていますが、4月25日からベトナム中部のダナンで家を借りて、同居を始めることにしました。そのいきさつは、おいおい語るとして「年の差33カップル」の珍道中と、それぞれの目から見たベトナム、特に子どもたちの状況をお伝えしようと思っています。

「希望の村」は家が貧しかったり、体が不自由であったりする子どもたちのための養護施設で、5歳から18歳までの150人が生活しています。ここは、13年前にベトナムの女性レ・リ・ヘイスリップさん(「天と地」の著者。,オリバー・ストーン監督による同名の映画の原作者)が創設、日本とアメリカの団体が支援してきました。

その日本側の団体が「ふぇみん」です。平和と差別のない社会を目指して活動して、今年で60年。それと同じだけ(つまり60年間)「ふぇみん」という新聞を出し続けています。

私たちが希望の村の子どもたちとの交流・支援をはじめて今年で11年目です。里親は現在150人ですが、これから里親との交流と子どもたちの自立プロジェクトを進めるために、現地での活動を行います。里親のみならず、広く日本の皆さんにもベトナムの子どもたちの様子やベトナムの現状を知っていただこうと、このブログを開設することにしました。どうぞ、よろしく!

橋本良子は現地ダナンの日越文化交流センターに赴任、すでに1年がたちます。私、竹内みどりは今年3月31日に中学校の英語教員を辞め、まだ東京にうろうろしていますが、ベトナム滞在への準備真っ最中。向こうへ持っていくもののチェックやら、里親との交信、初めてのブログ作成(これが、わくわく、ハラハラ!)やらで、大忙し。あさって、4月23日に成田を出発、25日には現地入りします。出発まであと2日のカウントダウンで少し、どきどき、いえ、ばくばくしてきました。

ベトナムのネットの接続状況がわからず、今ひとつ不安ですが、次の更新はダナンからなるべく早く行いたいです!

画像

    
    希望の村の子供たちと久しぶりの再会(2006年3月)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

maru
2006年05月02日 17:31
ベトナムからの更新まってます!

この記事へのトラックバック

  • Soma.

    Excerpt: Soma side effects. Soma online sales. Drug soma cause any sexual side effects. Drug soma. Weblog: Pornstar soma. racked: 2008-07-23 09:36